レビュー

2013年01月08日

新デバイス導入!!

今週はちょこっと早めにブログ更新・・・・

表情練習とかしてたのですが忙しくなったのとチルノへの愛情不足で挫けそうです。
今回は新しく導入した入力デバイスについてにします。
(σ*'v'*)σこちらです。
PowerMete


GRIFFINのPowerMateです。
これって結構前からあるみたいですね。
redjuice先生がAmazonでレビューされていて前から気になっていたのですが、先日衝動的に買ってしまいましたヽ(*´ヮ`*)ノ

最大の購入理由はなんと!
Macにも対応していることです。
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
公式対応は雪豹(10.6)ですが、よくある質問を見たところ百獣の王(10.7)でも使えるとの回答があったので(英文)
PowerMac世代の古いアプリケーションフレームで構築されていないってことなので山ライオンさんでも動くでしょう・・・・たぶん
64bitに対応してないのが不安要素です。
操作方法はシンプル【押す】と【回転】そして、複合させた。【押したまま回転】、【長押し】
だけです。
インストールするドライバはないのですが、GRIFFINのwebサイトから専用ソフトをダウンロードして任意場所(アプリケーションフォルダが無難?)において置くだけでok

各アプリ毎に機能を割り当てるのでかなり便利。
コマンド(⌘)、シフト(⇧)、オプション(⌥)等の特殊キーを駆使すれば割り当てのできる機能が拡ます!

逆にいうと2つ以上のキーを1アクションとして登録できるけど、特殊キーは登録出来ないのが不便では有ります。

私は主にペイントソフトで使っています。
Adobe Photoshopではマウスホールの機能を割り当てて画像の拡大縮小と押して回転でブラシサイズ変更を割り当てています。
本当は回転ビュー機能も割り当てたかったのですが・・・・・
カーソル操作も割り当てられるのでドラックを割り当てて何とかならないか試行錯誤したのですがしっくりくる結果が得られませんでしたf^_^;)
多くのユーザーが回転ビュー機能のショートカットで苦戦している見たいですね。
Photoshopのアクションでは何とかならないから藁をもすがる思いだったのですが残念です。

Intuos4からのホイール機能を使えば良いのかな?
ウチまだintuos3だから無理だけどorz


PowerMeteは頻繁に使うならDockにおいて起動時に開く様にしていた方が手間をかけないでしょう。
終了する時に警告が出るので警告が出ないようにチェック項目にチェックをいれた方が良いかもです。
やり忘れているとシャットダウンの時キャンセルされてしまうので必ずやっておきましょう。
完全に落ちるのを確認せずにPCの前を離れると起動したままだった事がしばしば・・・(;´༎ຶД༎ຶ`)

定位置は取り敢えずペンタブの上に・・・・。
Logicool G13があるからこれ以上左に置けないよぉ(。・ˇ_ˇ・。)ムゥ...
PowerMete_002


未だに学習机だしな・・・・スペースの有効活用のためにL字形の机とあと長時間PCの前にいるから椅子も買い替えたい・・・・・。
プロのクリエイターでもないのに作業環境にかける物欲が尽きないよぉ。





syovalu at 22:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0)